たくさんのお金

子供の学力を向上させるために利用するのは、授業料のコストを考えると家庭教師よりも学習塾の方が優れています。
まず、指導の内容は関係なく単純に授業料だけで考えた場合、家庭教師の場合は1対1で指導を受けますが、学習塾では同時に多数の生徒が同じ教室で授業を受けられます。
複数の生徒から講師に報酬が支払われるので、こちらの方が授業料が安くなるのはシステム的に明白です。
指導の内容で見た場合でも、学習塾は安いために質が犠牲になっているということはありません。
もちろん、利用する環境で違いはあるので学校の授業の補足をする程度のものもあります。
進学を目的としたものであれば高い水準の授業を受けられるので、子供の学力を向上させるために役立てることができます。
進学を目的とした学習塾の場合プロと呼んでも良い、それを専門としている経験の豊富な講師が授業を行っていることもプラスになります。
例えば家庭教師では高額の授業料で一流大学の学生から指導を受けられることがあり効果的に見えますが、バイトで片手間で行っているものなのでプロの講師が行う授業の水準には及びません。
授業料が安くても、1対多数の授業では適切なフォローが受けられず、理解できなかったときに困るのではないかという心配があります。
学習塾の中には講師とは別に個々の生徒の相談に応じる専属の担当を付けているところもあります。
困っていることがあれば気軽に相談できる環境が用意されているので安心です。
生徒数が多い学習塾ならば、定期的に試験をしてその結果でクラス分けが行われるので、優秀であればより高いレベルの授業を受けられます。
不釣り合いなレベルの授業を受けさせられて理解できなくなることを回避できるだけでなく、クラス分けで他者との比較もできるので競争心が生まれ、学力を向上させようとする意欲にも繋げられます。
授業で使われる教材も学習塾で専用のものが用意されていますが、プロの講師が考えて作成したものであり、これまで多数の生徒がそれで学んできた実績のあるものです。
これもどのような指導が行われるのか分からない家庭教師にはない、学習塾の信頼感になります。
このように学習塾では授業料を抑えられるだけでなく、講師や教材の質も優れているバランスの良さが特徴となります。
ただし、実際の授業内容などは学習塾によって異なっているので、どのような環境なのかよく調べてから利用するか判断しましょう。
地域によって学力に差があるように、各都道府県によっても学習塾の質というのが比較できるはずです。

私の住む北海道札幌市の場合は、家庭教師より塾のほうが人気や実績があります。
札幌の塾は評判が良いことで有名です。
質について調査するなら問題ないレベルといえることは間違いありません。

記事一覧

家庭教師の募集に応募する時は、高学歴な人が有利になります。 例えば、東京大学を卒業していたら、優先し...

 中学受験を前にした児童が、小学校を早退したり欠席したりして、プロ家庭教師と最後の追い込み学習をする...

最近の子どもは、語彙が少ないと指摘されています。 インターネット世代のせいか、子ども独特の省略形や流...

大学生がアルバイトを始めるときの選択肢としてよく挙げられるものに家庭教師があります。 家庭教師をする...

家庭教師というと、古くから大学生のアルバイトというイメージが強くあります。 もちろん現在でも大学生や...